黒須 明美の講座


カラダを読めるセラピスト養成講座 開催決定致しました

「明美さん解剖学とそれに伴った技術のインストラクター養成講座のような講座を作って下さい!」

というご要望から開催を決意したカラダを読めるセラピスト養成講座。6月はなんと3コーススタートします

詳細は⬇︎

テクニックを教えてくれるスクールは世の中に山程ありますが、基本的なカラダの構造をトータルで学ぶとなると、なかなかその部分を引き受けてくれるところは少なく、10年くらい前に私自身が解剖学的知識の重要性に気づいた頃には、解剖学を教えているところは本当に少なくて、探すのが大変でした。

 

私がこの業界の学びを始めたのは、整体のスクール付属のセラピストコースだったため、3ヶ月間 月〜金の日中スクールに通い、解剖学と生理学がカリキュラムに含まれていましたが、スクールに通っている間は、解剖学や生理学なんかよりも、いかに習った手技を忠実に行うか!しか正直見えていませんでした。

 

そして施術家になって数年が過ぎ、テクニックは身についているし、インストラクターまでさせてもらっていたけど、目の前のクライアントさんが美しく楽に過ごせるようになるには、どこがどのようになったら力学的に安定した状態になるのか?それが全く見えていない自分に気づいたのです。

 


動く解剖学講座

呼吸編・骨盤ら編・膝下編

各4時間の選べる3講座

自分の骨や筋肉がどのようについていて動くのか?骨の構造・名称・関節の動き。筋肉の作用と仕組みを紙の上ではなく、骨模型と皆さんご持参の肉体を使って、目で見て、ご自身のカラダで感じて理解する講座。

 

カラダを読める

セラピスト養成講座

6時間×8回プラス施術2回

日本人のカラダに合わせた動く解剖学の他、全身の骨・筋肉のつながりを学び、脳神経と筋肉の動きを連携させ、いろんな施術で役に立つ瞬間的に筋肉の弾力を取り戻す【神様の設計図】を伝授いたします。



動く解剖学講座

2018年リニューアル版の動く解剖学講座は、呼吸編・骨盤ら編・膝下編の3講座で、どちらの講座も興味のある方なら、カラダの学びをしたことのない方からプロの方まで単発でお受けいただくことが出来る内容となっております。

 

各講座4時間 20,000円(税込み)



カラダを読めるセラピスト養成講座

【講座の内容】

・全身の骨・筋肉を3Dで理解する。

 

・私が【神様の設計図】と名付けおこなっていた全身のエクサ

 サイズを習得していただきます。

   この【神様の設計図】は私が9年前につくった完全オリジナル

 のびっくりするくらい簡単にカラダが変わる運動療法です。

  

   運動療法なので、クライアントさんのカラダが目覚め本来の

 位置へと整ってキレイになります

   

   とっても簡単な動きなので、子どもからご年配の方まで安全に

 おこなうことができます。

 

   セルフケア、施術に一部取り入れたり、パーソナルセッション・

 グループワークに応用することができるテクニックです。

 

    これをおこなうには、筋肉の走行と仕組みを覚える必要があり、

 解剖学絶対条件となります。

6時間 × 8回 プラス施術2回 修了証付き 300,000円(税込み)

     カラダを読めるセラピスト養成講座

 

   in富山        6/6-7   7/4-5   8/1-2    9/1-2   10/3-4

    ( in富山は1日目13時〜17時 2日目10時〜17時 全10回+2セッション)

    市川火曜コース 6/12-26   7/10-24   8/7-21   9/4-18

    市川木曜コース    6/14-28   7/12-26   8/9-23   9/6-20

 

           お申し込みはコチラから

 

・講座日に体調不良などでお休みの場合別日に補講します。

・宿題あるのは当たり前

 

 

 



 

私たちがこの地球に人間として存在していられるのは、この肉体あってのことなのに、感情や欲求、思考などを優先するあまり、肉体を酷使しっぱなし、ということがあります。

 

酷使をしても、肉体には恒常性機能や自然治癒力などが備わっているために、多少のダメージは時間とともに回復するので、肉体をかえりみることなく過ごしてしまいがち。

 

でも人間は本能的に肉体を持っていることを感じたいとインプットせれているように思うのです。

 

肉体と意識が離れてしまうと、感じるために食べ過ぎてみたり、鍛えてみたり、性欲を満たしたり、

時には怪我や病気になってみたりして、肉体に意識を向け感覚を味わうことをします。

 

もちろん、肉体を感じることによる快感もありますが、人間にとってあまり歓迎できない反応である病気や怪我などの現象で感じざるを得ない状況になる前に、肉体に意識を向けてあげる習慣をつけていただきたいのです。

  

私は施術家さんに限らず、一人でも多くの人に肉体の面白さを知ってほしいなぁと思っております。